シェアハウスの同居人が部屋を荒らして行方不明に どうすれば?

ひとつの住居を複数人で共有して暮らす「シェアハウス」が注目を集めている。シェアハウスでは、寝るための個室があるものの、リビングや台所・浴室などは、「共有スペース」を利用するのが一般的だ。初期費用や光熱費を安く抑えられることから、若者を中心に人気がある。 そんなライフスタイルはテレビドラマでもモチーフとなり、「自由で楽しそう」「オシャレ」といったイメージが持たれている。だが一方で、他人同士が近い距離で暮らすことのリスクも忘れてはいけない。

This entry was posted in シェアハウス, リスク, 共同生活, 法律, 賠償請求. Bookmark the permalink.
Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /var/www/html/b/wp-content/themes/Twenty-Links/loop-single.php on line 77

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *