Categories
シェアハウス 共同住宅 建築基準法 毎日新聞

脱法ハウス:「2割がブラック」 シェアハウス年3割増

新たな居住スタイルとして注目される一方、明確な定義がない「シェアハウス」。どれだけ危険物件が広がっているのかは見えにくい。(中略)40業者が加盟する一般社団法人「シェアハウス振興会」の山本久雄代表理事は、「厳密には法令違反でも、可能な限り安全性を保とうとしている『薄いグレー』の業者を除いたとして、私の感覚では4割がグレー、2割がブラックだ」と見る。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *