ルームシェアルームメイト

ルームシェアルームメイト公式ブログ
roommate.jpのご案内をするブログです

シンガポールの展示会で配るパンフレットを印刷するから、パンフレットの英語版作れと言われて訳している。日本語のパンフレットの原稿はあって、それを英語に直していくんだけど、当然のことながら細かいところ、冠詞とかで自身がなくなる。会社では「英語ペラペラ」ということになっている僕(しかし、課内の誰とも英語で話したことないのに。)だが、絶対ネイティブスピーカーのチェックは必要だって。

出張向けに航空券の手配。一回乗ってみたかったシンガポール航空希望で総務に依頼したが、すでに予約がいっぱい、キャンセル待ちもいっぱいだという。第二希望の全日空でとりあえず抑えてもらったが、旅行代理店は努力はしてくれるとの事。

5年前(もう5年も前になるのか)のイギリス出張では、正規チケットを手配したんだけど、今はもう、社用で出張するのもみんな格安航空券らしい。昔は、「個人の遊びで行く旅行じゃないし、どんな事情で日程や行き先を変更するかわからないから、会社の出張は正規料金なのだ」とか聞かされたのに。やっぱ不景気には勝てませんなあ。

ひそかに自分で便変更して、週末から向こうに行って観光しようと思ってたのに、格安券ではどうしようもない。あてがはずれてしまった。

銀行から留守電に電話。「インターネット振込が、振込先の銀行でエラーになってますので連絡ください」Hueyにデポジットを返すのに、インターネットバンキングを使ったんだけど、何か問題があったらしい。電話をする。

「振込がうまくいかなかったというメッセージを受け取ったんですが」「振込先のお名前が間違ってるようなので、0120-***-***にかけて、機械の案内が出たら9を押して、オペレータを呼び出して、正しいお名前を伝えてください」同じ銀行内でたらいまわしするなよ。なんで客がかけなおさないといけないんだ?

しょうがないので、Hueyにまた電話して、カードに載ってる名前(カタカナだった)を読み上げてもらう。それを電話で銀行側に伝えて、再振込を頼んだら、「では、この訂正内容で明日振りこみます」と言われてしまった。まだ昼なのに、なんで明日なんじゃ。しかも、訂正した内容で振込に成功したかどうかは、明日にならないとわからないという。

グラハムだろうとグラーハムだろうと、融通効かせてほしいが、一番の原因は、他の銀行に振りこむ場合に相手の名前が確認できないシステムだろう。とにかく、次からはカードに載っている名前を正確に聞いておくことにしよう。そうしないと手間だ。

Hueyに電話。デポジットの振込先を聞いてたんだが、そのメモがどこかにいってしまったので。最後の電話の料金明細が先週届いてたので、本来ならもっと早く振りこめたんだけど、忙しいのでつい遅くなってしまった。

女性とシェアしたいのでよろしく、というメールが来た。たまにこういうの来るけど、僕は仲介はやってないよ。仲介とかするには宅建免許とか要るんじゃないかな。掲示板は提供してるけど、あれは場所用意してるだけだし。

オーストラリア人から日本語でメール。日本語といってもローマ字だけど。夏からの部屋を探しているということ。うちは空いてないと思うなあ。返事は全部ローマ字で書いた。

図書館へ行って、シンガポールのガイドブックを借りてくる。仕事なので、チケットとかホテルとかは心配する必要ないけど、やはり空き時間には観光してみたいし、勉強しておこうと思って。一年の気温表を見ると、1月から12月までまったく変化がない。常夏の島というのはこういうのを言うのか。

10月から都心の日本語学校に通うというアメリカ人からメール。先のことなのでわからないけど、出る人がいたら一ヶ月前に予告するから、9月頃にうちのウェブページを見に来て、と返事した。

短期の滞在のようなので、ゲストハウスも探したらどうか、みたいなのも返事に書いておいたら、すぐまた返信が来た。末尾に”Many thanks and please stay cool during the hot summer.”と書いてあって、暑い夏でもクールにね、という文章が気にいった。

研修が終わって配属された新人の歓迎会。配属されたのは隣のプロジェクトだけど。

実は昨日の話にはまだおまけがあって、妹のメールによれば、いとこも妊娠したので結婚するという。予定日も同じ月だそうだ。いとこの方は二十歳ちょいだったと思う。あまり偉そうに言える立場でもないが、やっぱみんな避妊の知識が十分じゃないんでないか?

ひさしぶりに妹からメールが来たが、その内容にびっくり。先々週医者に行ったら妊娠してたので、来週入籍するという。実家には先週報告に行ったそうだ。

おまえゴールデンウィークにバイクでツーリングに行ってただろうが、と思ったが、本人もその時は気づいてなかったそうで。妊娠5ヶ月でツーリング行くなよ、つーかもっと早く気づけ。

本人達がもう決めてしまってることだし、それならばめでたいことじゃないかと思うが、母が素直に喜んでるのに対し父はなんか文句ばかり言ってて、軽く喧嘩したらしい。父は最近帰省のたびに、孫が欲しいと言ってたのに。なんだろうねえ。

しかし、妹は子供嫌いなので、まさか自分がおじさんになるとは思わなかった。

先週末に梱包したものが新しいフロアに移動されていて、午前中の仕事は開梱と設定だった。前よりも狭いところに移ったので、机の上がコンピュータで埋め尽くされてしまった。自分の机の上だけでも3台ある。

来月、シンガポールに出張することになった。不景気だし、めったに海外出張なんてないんだけど、たまたま今作ってる製品を出展する話が湧いてきて、一人現地に言って手伝えということになった。候補が数人いるなかで、「おまえ行け」と選ばれたのは、やっぱ英語力ということになる。めずらしく英語で得したかも。(イギリス行きのときは、手の空いてた奴が集められただけで、別に英会話は関係なかった)

Kikoから質問された。「この近所に、夜中に空いてる店はない?」「サンクスとかセブンイレブン?」「。。。そうじゃなくて、もっと長居できるような」「ミスドとかか」「そう」「24時間のは知らないなあ」

夜眠れない時に時間をつぶしたいらしいけど、このへんは郊外の住宅地だから、夜やってる娯楽は少ないなあ。町田の中心まで行けば何かあるとは思うけど。

木曜の「とくダネ!」のルームシェア特集を録画したものをKikoと一緒に見る。特集の内容は、「ミングル」「女3男1のハウスシェアの生活」「ストーカー対策で男のシェアメイトを捜す女性に密着取材」の三つ。以下つっこみの数々

ミングルは、大家が直接振り分けの部屋を一室づつ(他人に)貸すしくみ。「僕は大阪行ったときに不動産屋でけっこう「ミングル」の文字はみかけたよ。東京にもあるんだね」「選ぶ前にどんな相手と住むことになるか確認できるのかな?」

男女4人生活。「4LDKで家賃14万って安いね、都心って言ってるけどどこだろう」「大家、こぎれいな中古マンション探してるって言ってたけど、この程度のボロ家(すいません。僕が言ったんじゃないです^^;)でいいんだよ。やっぱ安さが一番だよ」

「4人でそろって晩御飯囲んでビールで乾杯」みたいなシーンがある。「これ嘘くさいよねえ。こんなのイギリスでも日本でもやったことないよ。これじゃ家族みたいじゃん」とKikoは言うが、「普段は一日誰とも会わないこともあります」とか「全員集まって食べるなんて珍しいです」というのも映してたので、しっかり観てる人は誤解してない、かな? してないといいんだけど。(同居人全員が、敢えてそういう暮らしやりたくてシェアしてるのも、あるかもしれんけど。あんまり多いとは思えないなあ)

「うちら、フジの人にYes、って答えてたら、今ごろここに映ってビールで乾杯とかしてたのになぁ」「だってこんなんに出たって、私メリットないもん。大家はウェブサイトの宣伝になるかもしれないけど」

ストーカー対策で男性ルームメートを募集したらメールが30通! という話には、「この30通って、数割はなにかを勘違いしてる人だよね」「ネットの募集広告とかでも、”ごはんを作ってくれる女性同居人募集、家賃は要りません”みたいなの、たまにあるからねぇ」「ストーカー対策っていうけど、ストーカーが二人に増えちゃう(笑)危険性は考えてるのかなあ」「この決まった相手の男性って、ちゃんと仕事してて、今この(映ってる)りっぱな部屋をひとりで借りてるんでしょ? なんでわざわざこの女性とシェアするんだ。動機がわからん」

あれ、コーナー終わっちゃった。「大家のウェブサイト、映ってないじゃん」。取材依頼断わったときに、「ウェブサイトのほうは番組で紹介してもいいでしょうか?」って聞かれて、「いいですよ(やったー)」って答えたのに。残念。

朝、自転車置き場に行ったら自転車がない! 会社に置いてきたっけ、と考えたけど、昨晩は乗って帰って来た。ということで、どうも盗まれたらしい。弱ったね。

出張で品川へ。業界のセミナに参加。1500人ほどの参加者と一緒に技術紹介などを聞く。昼は会場のホテルでスペイン料理のビュッフェ。

募集掲示板 | リンク集>トップ | 相談掲示板 | プライバシーポリシー | 利用規約 | よくある質問 | 広告募集中 | このサイトについて | ルームシェアジャパン

Copyright © 1999-2019 https://roommate.jp/blog. All rights reserved/無断転用を禁じます