ルームシェアルームメイト

ルームシェアルームメイト公式ブログ
roommate.jpのご案内をするブログです

アメリカの学生向け記事誰かに支払いを半分まかせちゃおうでは、請求書の支払いという観点からルームシェアで気をつけるべきことを説いている。

まず、どんなシェアメイトの行為なら許容できるのか、そして自分にもどんな悪い癖があるのか、をよく知ること。そのためには遠慮せずいろいろ質問し、うまくいかなさそうだと思ったらその直感を信じること。

ルールを決めて紙に書き留めておくこと。几帳面すぎるなどと思わず、うまくいかなくなったときのために備える。

  • 誰がどの部屋に住むのか
  • 家賃はどう分担し、誰がどう払い込むのか
  • 光熱費や電話代はどう分担するのか。誰が支払うか
  • 敷金や礼金の負担はどうするか
  • 家事の担当や頻度
  • 誰か一人が途中で出て行くときはどうするのか
  • 賃貸契約が禁止していることはなにか
  • そこのシェアでしてはいけないことはなにか

賃貸契約を読むこと。共同で契約しているなら、部屋や備品を壊した責任は全員にあることを理解すること。契約に載ってないシェアメイトを入れて、そいつがリビングを滅茶苦茶にして逃げたら、それも自分達の責任だということ。

光熱費/電話代の契約を、全部自分の名義にしたりしないこと(分担すること)。自分の名義の支払いを、任せた他人が忘れていたとしても、支払うべきものを支払わなかった、という記録は自分に付いてしまう。

電話代はとりわけ危険で、個人別の記録が残るように番号をわけたりするのが望ましい。

食事/食材もシェアするというのは経済的にはいいアイデアだが、揉めるときは揉めると知っておくこと。

家具を共同で買いすぎないこと。別れる時に誰がどれを持っていくのかをはっきりさせる。

アメリカのオフィスのトイレは落ち着かない。日本と密閉度が違う。個室の下のほうが大きく開いてるので、きばっている人の足が見えてしまう。臭いも素通しだし。まぁ、助けを求めたくなるようなものごっつい臭いはたまにしかないが。

中国なんか、隣の人の顔まで見えるとか聞いたことがあるので、それよりはましなのかもしれないけども。日本のほうがお隣との交流がなくて気楽である。こちらでは鍵持ってないとトイレ入れない、というのも多いけど、トイレの仕切りも、治安が悪いから完全に隠してないのだろうか。

小の方も、流さない人が多すぎ。そして床がビシャビシャ(汚ねえな)ということがあって、これもまったくもって不思議だ。そりゃ日本でも、多少こぼしちゃう人ってのがいて、男子トイレにはもっと前に寄れよ、などという注意書きもあったりするが、そんな生易しいものではない。小便の途中でいきなり蜂にでも襲われて、その場で逃げ回ったのかと思うぐらいの派手さだ。さすがアメリカン。

asahi.com のコラム小さな家の生活日記から、「不動産探しが長引く人・長引かない人〈賃貸編〉」

「なかなか物件が見つからない人の法則」その(3)が、「友達同士で借りる」だという。いわく、「どちらも主張しあい、折れないことが多い」

兄弟のような上下関係や、同棲のような「一緒にいることが重要で、場所は二の次」という気持ちがない分、対等な立場の友達同士で探してもなかなか決定しない、という分析。友達とシェアを探したことのある人は、このような経験をしたことがあるだろうか?

ひさしぶりに訪れてみたお気に入りサイトスタンダード 反社会学講座が、なんと単行本になっていた。しかも表紙は吉田戦車である。

このサイト/本は、よくマスメディアで使われる

  • 少年犯罪が増えている。子供が凶悪になった
  • 今の若者はきれやすい
  • フリーターは社会の害である
  • 欧米人は立派だが、日本人はだらしない
  • 少子化は良くない

といった紋切り型の決め付けについて、反証となる統計とユーモアを使って反論する、といったもので、非常に面白い。

著者は謎のイタリア人(笑)、パオロ・マッツァリーノ氏。氏の語る「ツッコミ力」をみんなが鍛えられれば、いろいろいいことがあるんじゃないかな。サイトもも非常にお薦めである。

毎月来るクレジットカードの請求で、請求明細の他にぴらっとした印刷物が一枚。大きく”Take a vacation”

ハワイ旅行でも当たったのか(そんなわけない)と読みすすめると、「7月はどうする予定ですか? クレジットカードの支払いをする? そんなことより、もっとやりたいことがあるでしょう。週末にドライブするとか、家の改装にチャレンジするとか、自分にプレゼントを上げるとか、それとも他の請求書を片付けるとか?」

「ここらでちょっと休憩して、そのお金をあなたの好きなことに使ってみましょうよ。その分の利息は払わなくてもいいですから!」

「だから、リラックスして、7月の支払いは飛ばしちゃいましょう」

なんてあからさまな。大消費社会のアメリカだが、借金の支払い督促までが、返済の引き延ばしを薦めている。ちなみに、7月分の利息は払わなくてよくても、それ以前から繰り越している分の利息はちゃんと計算される。と下に小さく書いてあった(笑)。

(補足) アメリカでは、クレジットカードの請求書が来てから、小切手を送って支払うのが普通。日本のような口座引き落としは、最近やっと仕組みが登場したところ。アメリカ人は、自分の承諾なしに口座から勝手にお金が落ちていく口座引き落としには抵抗感が強いらしい。

DVD でブリジット・ジョーンズの日記を鑑賞。

ちょっと前の映画だし、宣伝等でさんざんあらすじは聞かされていたから、特に新味は無し。とはいえ、ラストは自分の予想とは違い、肩透かしを喰らった感じだ。原作の小説も同じ終わり方なんだろうか。ほんとにこのオチで世の女性の共感を買ったのか。そんなんでいいのか世の中って。まぁいいんだけど別に。

レニー・ゼルヴィガーのブサイクぶりは天晴れであった。自分を汚く見せる努力なんて、女優魂以外の何者でもないな。ヒュー・グラントのニヤケっぷりも良し。

ニューヨークポストの記事、新ルームメイトのベッドにいたものはから。

ニューヨークの本当のルームシェア(一部屋に複数ベッドが有って部屋「ルーム」を共有「シェア」する)で、新入りが他のルームメイトのベッドに両親を勝手に泊めたことで起こったハプニングの話。

オチの新ハウスルール「ペット、ドラッグ、両親禁止」に笑った。

ルームシェア/フラットシェア募集関連のサイトがまた増えているようなので、リンク集に追加。

ブログなんかでも、シェア生活の記録や感想を書いているものがいくつか出てきている。少しずつシェア自身の普及が進んでいるようなので、当たり前といえば当たり前。ブログを書いてる人には、自分と仲間に読ませているつもりでも、実際には誰でも読めるし読まれるものだ、という点には気をつけておいたほうがいい、と言っておこう。

帰路のフライトは、搭乗券を持って席に行ってみたらビジネスにアップグレードされていた。嬉しい驚きだ。つーかカウンターでそう言ってくれればいいのに。そういえば、搭乗ゲートでボランティアを募ってた(気づいたときにはたくさん並んでたので、僕は申し出なかったけど、というかすでにアップグレードされてたか)し、かなりオーバーブッキングがあったのかも。

しかしなんで僕がアップグレードされたんだろう? マイレージ会員だから? ってことはないよなあ、平に近い下級会員だし。チケットが取れなくて一つ上の値段で買ったからかもしれないな。

ともかく、おかげで快適そのもの。シートテレビ(ユナイテッドの成田-東京線はエコノミーだとついてないことが多い)で映画”50 First Dates”を観て、あとはぐっすり寝た。

“50 First Dates”は、アダムサンドラーとドリューバリモアのロマンティックコメディー。じつはこのコンビ、ウェディング シンガーという映画でもロマコメしている。

今回の映画は、ハワイを舞台に、事故の後遺症で毎日前の日の記憶が無くなってしまう女性に恋をしてしまった男性が、毎日(50回でも)「初めてのデート」をしようとがんばる話。

80年代洋楽に溢れていたウェデイング シンガーも非常に好きな映画だけど、今回もとてもよかった。おすすめ。

それにしても、ドリューバリモアは、特に彼女でなくても良さそうなところにしっかり役をもらってはまってしまうところがすごい。チャーリーズエンジェルとか。あれは製作にも絡んで自分で押し込んだんだろうけど。それとも、あまり美人でない(失礼)ところが女性に受けるのか。

南町田のフラットシェアが、埋まらない。問い合わせが少ないし、問い合わせから見学にというのも少ないらしい。

1ヶ月以上の次が決まらずに空いてるなんて、これまでに無かったことなので、何か周りに変化があったに違いない。

やはり、ルームシェアの認知度が上がってきて、シェアやゲストハウスの提供者が増えてるのではないか。もっと都心に近い便利なところに他の部屋が見つかりやすくなったのかもしれない。南町田は、都内に出るには便利とは言えないからね。

単に巡り合わせが悪いだけかもしれないけど。あまり決まらないようだったら、シェア解消してもらって丸ごと貸すしかないかなあ。

それか、3LDKを丸ごと、友達でシェアをしたい人に貸してもいいんだけど。家具や家電は揃ってるし。

募集掲示板 | リンク集>トップ | 相談掲示板 | プライバシーポリシー | 利用規約 | よくある質問 | 広告募集中 | このサイトについて | ルームシェアジャパン

Copyright © 1999-2019 https://roommate.jp/blog. All rights reserved/無断転用を禁じます