ルームシェアルームメイト

ルームシェアルームメイト公式ブログ
roommate.jpのご案内をするブログです

起きたら10:00過ぎ。Pride Parade(いわゆるゲイパレード)は10:30スタートということだったな。と思いつつもだらだらしてしまい、家を出たのは11時過ぎ。Market Streetに向かって降りていく。

通りの両側は人でいっぱい。4,5列分の人が用意された柵の前に立っていて、パレードが見えそうにないくらい。比較的すいているところを探して待っていると、すぐにパレードの先頭がやってきた。

各地代表グループとか、各民族のゲイ、子供を持つゲイカップル(どうやって作った?)、バイセクシャルのグループ、大麻の合法化を目指すゲイ、年老いたゲイ、バイクに乗るゲイ、皮ジャン好きのゲイ、などなど、ゲイという共通点はあるのかもしれないが、その中でも様々な嗜好の違いや立場の違いがあるということか。それぞれのグループがプラカードやのぼりで、主張したいことを伝えようとしている。凝った仮装、奇抜な化粧は前評判通りだけども、それは主張する内容があってのことなんだ。

有名人はオープンカーで参加。市長をはじめ、議員のグループもかなりいた。車の周りは支持者が奇抜な格好で囲む。ゲイ人口が多いから、支持目当てといえばそれまでだけど、「ゲイの味方です」という表明をする議員がこんなにいるのも、日本とは違うなあ。

デモの参加者はみんな心底楽しそうだし、観てる側も、ゲイカップルも観光客も、拍手を惜しまない。この街が特別オープンで、いろんな所から逃げてきたマイノリティを受け入れている歴史があるからこうなんであって、アメリカ全体がこんなに寛容なわけじゃないけど。そして、このベイエリアにしたって、いまだに差別や迫害があるから、逆説的にこんなパレードがあるんだろうけど。

まわりのみんなと同じような生き方をしないと小言を言う人たちから、民族や宗教が違うといって殺しあったりする人たちまで、他人の人生に口を挟むやつが、世界には多すぎるってことだな。そんなことを考えつつ、なんか感動で泣けてきたりもした。

2時間ほどたってもまだまだ続いているので、見物は切り上げて家に帰った。

午後の便で帰国する同僚のために観光ガイド。8時半に電話で叩き起こされ(起きられないと思ったので自分で頼んだんだが)、9時にホテルロビーへ。15番バスに乗ってノースビーチへ。そこから39番に乗り換えようとしたが、バス停が見つからない。しかたなく歩いて丘を登る。

5分ほどでコイトタワーに到着。前の家からは毎朝毎晩見ていたコイトタワーだが、来たのははじめて。タワーのまわりの駐車場にはコイン式の双眼鏡があり、ここでも景色は十分いい。タワー下のお土産屋でチケット$3.75を買ってエレベーターへ。そんなに高いタワーでもないので、それほど景色はかわらない。窓で区切られているし。

ホテル近くまで歩いて戻り、チャイナタウンで早めの昼食。毎日の食べ疲れで、僕はお粥を。

出張者を連れてOakland Coliseumへ。今日の対戦相手はSan Francisco。そう、地元対決である。地元対決を観るのは初めて。どちらのチームの選手も多少は覚えてきたので、より楽しみも増えるというもの。

新庄がいる(かろうじて先発していた)ジャイアンツを応援する同僚が多い中、やはりホームということでアスレチックスを応援する。

アスレチックスの主砲、ショートTejada(テハダ)のエラーにつぐエラーにも関わらず、打者一巡が2回あっての大勝。

Chrisが前の家から彼女に転送された手紙を、さらに転送してくれた。郵便局の転居届も、どこまで効いてるのか、まだ有効になってないのか。

転送してくれたのは、携帯電話を買ったときのリベート$50と、パソコンのディスプレイを買ったときのリベート$40。ほんとうに帰ってくるのか、いまいち不安だったけど、両方とも小切手を送ってきた。

買ってから2ヶ月後の割引で、僕がそのチェックを換金する間もあるから、割引とは言っても手間も時間もかかるなあ。日本でもたまーにキャッシュバックキャンペーンとかあるけど、こんなにいろんなものにリベートがついてるのは違和感を感じる。最初から安くしろよ、と。

リベートつきの商品を割安だと思って買って、申し込みを忘れる人も多いという話なので、アメリカ人のおおまかなところをうまくついた商法なのかもしれないが。

昼、シシケバブ$7.4。夜50’s風アメリカ料理$12.5

日本からの情報は知りたいし、お互い協力するために打ち合わせも必要だが、出張者を囲んで食事して歓談していると、数時間も経ってしまい、普段適当な食事で済ませて会社に戻るのに比べると、仕事自体をする時間がどうしても減ってしまう。一週間のことなんだけど。

ただ、色々とこちらの仕事を助けてくれているのも事実なので、助けてもらった上でさらにこちらの時間は使いたくない、というのはわがままなのだが。それにしても余裕がないな自分。

日本から出張者。今週一週間の滞米。昼は飲茶$8、夜は中華$10。

6時頃一回目が覚めて、一瞬早朝の散歩でも、などと健康的なことを考えてしまったが、二度寝。起きたら11時。Monicaがカフェに行って物書きをするというので、ついていってもいいか聞いた。

27番でMarket St.まで降りて、MuniのFラインに乗る。途中、向こうからデモ隊がやってきて、車もMuniも全部動けなくなった。イスラエルの国旗やプラカードを持って歩いている。「こりゃ当分動けないね」と運転手が言うと、みんな降りて、デモを横目に先へ歩き始めた。

デモ隊に対して、パレスチナの旗を持って罵声を浴びせる数人の若い男もいたが、Monicaは彼らに何か批判的なことを言った。ひょとしたらMonicaはユダヤ系かもと思うので、僕は何も言わなかったけど。

やがてデモも途切れ、交通も戻ったみたいで、後ろからMuniが近づいてきたのでまた乗る。終点近く、Market and Noeで降りて、その近くのカフェに入った。人でいっぱい。外のテーブルは満員で、中もほとんど席がないが、なんとか見つけて座った。ほうれん草のオムレツを頼む。パンとポテトつきで$6.5

ご飯を食べた後、執筆に入るMonicaを置いて歩く。Buena Vista Parkの山を登る。頂上から眺めると、木々にかくれてすべて一度には見えないが、GG橋からベイブリッジまで見渡すことができる素敵な眺め。ゼェハァいってたけど。

その後も適当に散歩、バスなどを繰り返し、スーパーで買い物もして18:30に帰宅。いい運動になった。

昼まで寝てた。しあわせだなあ。パスタを作って食べて、また昼寝。

夜、なにか食べなきゃと思い、ついに噂のPolk Streetを試すことにする。いい店がたくさん並んでいるというのを皆が言うし、新しい家からは4,5ブロックと近い。

22:30ぐらいだったけど、半分ぐらいの店はまだやっている。Sushiとかも多い。また、いい音楽が流れてくるクラブもいくつかあった。

Pancho’s(Polk at Clay)というメキシカンの店へ。Burito, Quesadillas, Fajitas, Nachos. Tostadasと、一つずつ覚えてきたメキシコ料理に、今日はTortasを加えた。ほっとサンドイッチ。”Mexican Sandwich! Grilled Chicken Breast served in a Fresh Roll, and filled with Sauteed Bell Pepper and Onion, Cheese, Beans, Lettuce, fresh Avocado and Salsa Fresca, and Chipotle Mayo.”税込み$6.5

オフィスの引越し。ちょうど契約が切れるのと、不景気でまわりががら空きなのとで、2倍の広さのオフィスに引越しすることになった。といっても同じ階の二つ横だが。こんどは角部屋なので、見下ろすとダウンタウンの(とある)交差点も見える。

引越しは節約のため、自力で。安くなったといっても、2倍の広さで賃料が上がらないわけもないし、この分も稼がなくっちゃなあ。

昼はアメリカ人同僚とNorth Beachのインド料理屋Tandoori Mahal(Kearny at Columnbus)へ。ランチビュッフェでチップ入れて$10。カレー6種類ぐらい。辛いがうまい。

朝家を出たら、いきなり前に知った顔が。Jadeだった。そういえば徒歩出勤だと言ってたな。さらに7,8ブロック西、ジャパンタウンの近くに住んでるらしいから、毎日いい運動だろう。

徒歩10分のところをケーブルカーに乗ってしまうのは情けないかなあ、とも思ったけど、帰りの上りはほんときついんだって。

郵便局の転居届け。局員に聞いたら、そのパンフレットの中のハガキを切り離して、書き込んで投函するだけだ、という。日本と同じなんだが、なんとはなしにアメリカではこんなことしてくれないだろう、と思い込んでしまっていた。

募集掲示板 | リンク集>トップ | 相談掲示板 | プライバシーポリシー | 利用規約 | よくある質問 | 広告募集中 | このサイトについて | ルームシェアジャパン

Copyright © 1999-2019 https://roommate.jp/blog. All rights reserved/無断転用を禁じます