ルームシェアルームメイト

ルームシェアルームメイト公式ブログ
roommate.jpのご案内をするブログです

昼に起きて近所の小学校へ投票に。

今一番面白いテレビ番組はdebuya。漫画はBunchの「ワイルドリーガー」。レッツプレイツー!

朝、速達を持ってきた郵便局員に起こされたので、数ヶ月ぶりにテニス部の練習にいくことに。最近は昼まで寝てて行けないというのも多かったので。

「おや、誰だっけ、君?」とか、「みんなでこの人の名前当てクイズをやろう」とかさんざん言われた。毎週練習に来てる人達には、やはりついていけず、2時間ほどで切り上げた。でも疲れが気持ちいい。

夕方、会社の納涼会。会社の駐車場でビールや焼き鳥等がふるまわれる。他の部署の人達と話せるいい機会だ。他部署の課長で、けっこう尊敬してる二人がいるんだけど、その二人に口をあわせて「おまえは能力あるんだから、もっと他の待遇のいい会社に行けるんじゃないか」と言われて面映い。自分の上の人がそう思ってくれれば、やめたいという気持ちにもならないんだけどなあ。

送られてきた「Sabra」の記事を読む。もっとひどいこと書かれるかと思ってたので、拍子抜け。苦労の跡がしのばれる。ライターの方に感謝だ。

Kikoが、洗面所の毛をちゃんと掃除しろやい、というのをホワイトボードに書いてた。「Akkyにはいくらでも口で言えるけど、これは二人にだから、ここに一応書いておくね」と。

たしかに僕は何回か言われてたんだが、言われるまでそんなに毛が落ちているということすら気づいていなかった。毛関係に対する厳しさの違いは、僕が近視で床まではよく見えてないのが原因だろうか。あやや。

夕方、窓の外がピカっと光ったと思ったら、パソコンが「ひゅうううん」とリセットされてしまった。続いてあちこちから「うぎゃー」とか「うわー」とか声があがる。1秒ほど瞬断したようだ。ほんとうに大事なサーバー機とかは無停電装置がつないであるけど、各自のパソコンは対策してないから。幸いファイルが壊れたりはしなかったけど。

東急線がこの雷の影響で止まってるらしくて、帰り際に会社の同僚を市ヶ尾まで車で送ってきた。駅前は人があふれてるような状態だったそうだ。

フラットへの問い合わせメールが1通、あと2通はどっちも「部屋は探してないんだけど、、、」で始まる英語の質問メール。「9月から町田に行くけど、会社が住むところは提供してくれるんだ。町田って何があるのかな? 食事をするにはいくらぐらいかかる?」ってやつと、「1週間、東京に旅行に行くんだけど、町田のブックオフにはどうやって行ったらいいのかな?」という質問。なんだか町田英語相談室、みたいになってきたな。

答える筋合いはないけど、つい答えてしまう人の良さ。でもいつも通り、トゲがある返事だけどね。「町田(と相模原、すごい近い)は100万人いるから、100万人の都市にあるようなものはあると思うよ。食事は250円から5000円の間ぐらいかなあ。僕が食べるものは1000円しないことが多いね」とか「ブックオフなんて関東だけで100軒以上あるんじゃないかなあ、なんで町田のブックオフなの? いちお、新宿から小田急線乗って町田で降りて、これこれほれほれでつくけど」と英語で返事。いつもの例からすれば、この手の人は感謝のメールも出してこないとは思う。

Kikoの友達がBBQをやるというのでついていった。場所は多摩川、電車の橋の真下。会社関係のBBQだと相模川の上流のほうが多いんだけど、そこそこの数のグループがやってた。ちょっと暑すぎたけど。

友達というのは、前にいたガイジンハウスの時の住人で、今日のはその友達が参加してるスウェーデン語教室の生徒と先生ということだ。先生といっても若いんだけど。スウェーデン語を習うような人達、というと語弊があるかもしれんが、個性があって面白い人が多かった。

夕方、Kikoと一緒に帰宅。砂埃でぼろぼろだけど、レディファーストということで風呂の順番を譲る。遠慮しないで何時間でも入ってくれと言い、待つつもりだったが、昨日今日の疲れがどっと出て、むちゃくちゃ汚いまま眠りこけてしまっていたようだ。翌日の昼まで寝つづけた。

午後、三軒茶屋へ。駅で不動産屋と待ち合わせて、デパートの中にある売主側の不動産屋へ。そう。買ったのだ中古マンション。プロジェクトSとして探してきたシェア用のフラット。渋谷はやはり難しかったけど、三軒茶屋というそこそこいい場所に、築2?年とはいえそれほどボロでもないやつを、それなりの値段で見つけることができた。

重要事項書の説明とかを1時間半ほどされてる間に、PHSが振動したけど、ほおっておいた。終わった後で留守録を聞いたら、オフ会に来るといってた一人からで、これなくなりました、といメッセージ。がーん、これで3人か。大丈夫かしら。

渋谷へ移動、オフ会の待ち合わせ。本屋で待つ。待ち合わせは、特に夏や冬は、本屋でするのが好きだ。暑くないし、相手が遅れてきても立ち読みしてればいいから。今回は、何のコーナーで待ち合わせるといいかなあと考えたけど、取材をうけた日経ウーマンを読んだ事がなかったので、日経ウーマンを読みつつ待ち合わせ、ということにした。

まずminaさん登場。小柄な女性、若い。遅れて刻色館の成田さん。彼も若い。成田さんとはメールのやりとりをしたこともあり、同業者ということもあってぜひにと誘ったのだ。

本屋を出て、すぐ近くのそのへんの店に入る。地下3階ぐらいにある魚がメインの居酒屋。7時から11時頃まで、シェアの話や最近凝ってること、近い将来の夢、みたいな話で盛り上がった。

HiroとKikoのその後。Kikoは一旦、「挨拶ぐらいはしてほしい」と言ってはみたものの、Hiroがその必要を感じてないのに無理に挨拶させるのは、おしつけなのかもしれないと悩んでいたようだ。(僕は挨拶ぐらいするのが礼儀だと思ってるけどね。まあ要求してもいないけど。) 結局、さっき、挨拶することを要求したのは間違ってた、Hiroが普通と思うようにしてていい、とHiroに伝えていた。

明日(もう今日か)はオフ会。その前の午後には大事な用事だ。

無料メール転送のbigfoot.comからのメール。「これまでのサービスを無料で維持することが難しくなりました。無料での転送は一日25件までとし、広告を入れます」だって。akky bigfoot.comを、(会社を辞めてもプロバイダを変えても連絡が取れる)代表アドレスとして、人に教えてきたのに。IT業界の不況の余波がこんなところにも来てしまった。(注: スパムだらけになったので、このアドレスはもう使ってません)

会社を休みにして、市役所行ったりいろいろと。

帰ってきて、オフ会の案内メールを作って出す。オフ会のようなものに出るのは数年振りで、楽しさへの期待も、不安もある。前に出たことがあるのは、4,5年前の、とあるメーリングリストのやつを3回ぐらいか。初めてのオフ会は、10年ぐらい前、まだ学生の時に、パソコン通信(古い)でコンピューターミュージック関係の、同好の士が集まったものだった。

募集掲示板 | リンク集>トップ | 相談掲示板 | プライバシーポリシー | 利用規約 | よくある質問 | 広告募集中 | このサイトについて | ルームシェアジャパン

Copyright © 1999-2019 https://roommate.jp/blog. All rights reserved/無断転用を禁じます