ルームシェアルームメイト

ルームシェアルームメイト公式ブログ
roommate.jpのご案内をするブログです

Monicaが、今日は二人の女友達のところでベイビーシャワーがあるので忙しいという。

ベイビーシャワーって何? 宗教的な行事?(==洗礼のこと?) と聞いたら、そうじゃないって。妊娠が判明したところの家庭を訪問して、生まれてくる子供はどんな子になるとか、たわいもないことを話して過ごすアメリカの習慣だそうだ。

そんな知り合いが二人もいて、同じ日に呼ばれてるんだ。と言ったら、二人だけど赤ちゃんは一人だという。つまり、Monicaの友人の、女性二人のカップルに子供ができたということなんだって。

出張することになった。3月下旬から、東京へ3ヶ月。

3ヶ月住まないなら、いったん部屋を出たほうがいいのでは、と会社の人には言われたが、今のところは格安だし、帰ってきてもっといい場所が見つかるとも限らない。Monicaに出張のことを話したら、sublet(又貸し)するなら手伝ってあげる、という申し出をされた。

つまり、僕がいない間、僕の借りてる部屋を、期間限定で他の人に貸して、その間の家賃をその人からもらって穴埋めするわけだ。リビングやキッチンを、Monicaがめちゃくちゃ散らかしているところが不安で、借り手がつくかなと思うけど、これは掃除を手伝ってなんとか見栄えするようにしたい。

東京のほうも、住む場所を探さないといけないが、三茶に空き部屋はない。いい機会だから都心でシェアをしてみたいけど、そう都合のいい場所のシェアが見つかるかな。ゲストハウスを調べてみようと思っている。

事故の時の救急車の請求書が消防署から送られてきた。日本で救急車に乗ったときは、タダだったんだけどなあ。

しっかし、10分ほど運ばれただけなのに、$569とは。深夜料だの、担架固定材費だの、いろいろつけられている。ま、幸い保険が効くと思ってるんだけど、アメリカは医療保険に入れない人がいっぱいいるし、そういう人たちに取ってみれば、救急車なんて呼べないだろう。これが、貧者に厳しいアメリカという国か。

初めてNBAの試合を観にいった。地元(いっこしかないんだけど)Golden State Warriorsの試合。相手はNew York Knicks。

BART(地下鉄)にのってArena in Oaklandへ。バスケット用のスタジアムに行くのは初めて。UpperとLowerの2階になってて、最初Lowerで一番安い$24を買おうとしたらそこは売り切れ。Upperの$22の席を買った。ゴールの後ろ斜めの席だけど、選手の背番号はわかるぐらいの距離。

客の入りは7割ぐらいってとこかな。試合自体は、すごくいい試合だった。前半は5点差ぐらいのリードをいい感じで保って終了。しかし、後半早々逆転されてずっと10点近い差が続き、隣のカップルなんか帰っちゃったんだけど、最後の数分で猛烈に追い上げて逆転勝利。

アメリカでのスポーツ観戦は、とにかく地元に肩入れして騒ぐのが楽しいので、もちろん地元ウォリアーズの応援をしてたんだけど、実際には選手はほとんど知らない。一番知ってるのは敵ニックスのSprewell。このSprewell。何年か前のファイナルをTVで観たからね。ボールを持った瞬間にすごいブーイングが起こるのは、昔はウォリアーズのスター選手だったかららしい。

ファンが来てるユニフォームによれば、フォワードの33Jamisonが一番人気らしい。23Richardson、0Arenasあたりもいい感じ。あと、ポイントガードの11Boykinsがすごかった。遠目には、一人子供が混ざってるようにしか見えないのだ。後で調べたら、身長5フィート5。僕より低いよ。この身長でNBAでやっていること自体、ものすごくバスケットセンスがあるんだろうな。

タイムアウト毎の出し物なんかも面白かったけど、これはまた行こうと思うのでそのときに。

Monicaに誘われてCostcoに行く。Costcoというのは、会員制のスーパーマーケット。巨大な倉庫みたいな店に、ダンボールに入れたままの物が馬鹿みたいな量で売っている。

「Costcoに買い物って、Monica車持ってたっけ?」「何言ってるの、バスで行くのよ」ということで、27番のバスに揺られて街の外れ、高速の近くにあるCostcoについた。彼女の会員証を見せて店==倉庫に入る。

テレビとか服とかも売ってるが、やはり食品がメイン。それにしても、どれも量が多すぎて手がでない。ティーバッグ400袋入りとか、どーすんだよ。Monicaは色々とカートに入れていくが。そこここに試食コーナーがあって、一つずつ試しているだけでもお腹がふくれてきた。

何でも売っている、といいつつ、現地調達する予定だったキャリーカートが売っておらず、買ったものを全部手で持って帰りのバスに乗ることになった。一斗缶みたいなパスタソース缶とか、ラズベリージュース1ガロンx2とかが詰まった紙袋(しかも取っ手なし)を抱えて、バス停から家まで歩くのはたいへんだったぞ。

サンフランシスコはあからさまな反ブッシュの地域で、テロリスト達からみれば攻撃する理由は少ないよ、というふうに言う人もいるが、それは違うんじゃないかと思う。

たしかに、保守的な中西部なんかに比べると、このあたりは戦争支持一色ということもない。むしろ戦争には懐疑的な人が多い。

だが、もしサンフランシスコやカリフォルニアがテロの標的になることがあれば、こういった反ブッシュの人たちの何割かは考えを変えてブッシュを支持するようになるかもしれない。9.11の後、ほとんどのアメリカ人が熱狂的にアフガニスタン爆撃を支持したように。

9.11で一番得をしたのがブッシュであるように、またも絶妙なテロがこのあたりで起こる可能性もあるのでは、という心配はしている。

オフィスビルからの要請で、各社は緊急時の社員連絡網を整備しておくこと、と
いうのがきた。イラク攻撃がありそうということで、テロ対策だろう。

さっそく、社員を別々の2系統で流れる連絡網案が一人から提案された。2系統あ
ると一人連絡が取れなくても確認が回るからだ。

で、各自緊急連絡先を社内の掲示板に書いたんだが、アメリカ人同僚の次のコメ
ントに、情勢の緊迫度を感じた。

「参考までに。もしもサンフランシスコが危険な状況で、妻とはぐれた場合は、
サラトガ(という別の街)で落ち合う約束をしている。市が大丈夫な場合は自宅に
いるだろう」

まぁ、日本でも地震があるから、家族持ちの人は似たような約束をしているのか
もしれないな。そういう準備を普段しておくということが、自分のアイデアとし
てはなかった。

イギリスでは日テレの西遊記を放送してるらしい。懐かしいなあ。深夜ではあるけど、5つしかない(多分)地上波の1つでやるなんてすごい。

それにしても、このファンページはかなり強烈だ。岸部シローや左とん平のbiographyが英語で長々と書かれてる(各キャストの写真をクリック)。どうやって調べたんだ。マチャアキや西田敏行に会いに日本まで行ってる。

このウェブサイトは500ページ以上あるらしい。なにが彼をそこまで西遊記にのめりこませたのか。ちなみに、うちはどうなんだろう、と思って数えたら、100ページだった。

2月6日はトミーの日。Tommy February6いいね。あざといつくりがたまらん。

マイケルジャクソンの特集番組をやってた。特集といっても、「マイケルジャクソンの顔の歴史」の特集(笑)。前々から宣伝してたし、かなり多くの人がマイケルの顔の変化について語らせるとうるさいようで。

白人になりたいんだったら勝手になればいいと思うので、整形したことを否定することもないと思う。問題は、あれだけの金持ちがたくさん金使っただろうに、結果が失敗にしか見えないところだろう。世の中、技術で解決できないことがまだまだたくさんあるということだなあ。

募集掲示板 | リンク集>トップ | 相談掲示板 | プライバシーポリシー | 利用規約 | よくある質問 | 広告募集中 | このサイトについて | ルームシェアジャパン

Copyright © 1999-2019 https://roommate.jp/blog. All rights reserved/無断転用を禁じます